音楽

2016年6月28日 (火)

三十代になったばかりの私の悩みは頭髪の薄

若様ののとまみ日記
三十代になったばかりの私の悩みは、頭髪の薄さに関することです。日に日に髪が薄くなっています。頭皮も透けて見えてしまうようになりました。今のところ、産毛程度は生えてくるのですが、そこから先が、全然髪の毛が生えてきません。もう死ぬまで、こんな状態なのかとても心配しております。育毛専用シャンプーというものは、年齢のいったおじさん向けの商品だと思っていました。でも、40歳を過ぎてだんだんおでこが広くなってきたとは思ってたのですが、美容師さんからお勧めされたシャンプーに「女性用育毛」と小さい字で書かれていたことに、ちょっとショックなのでした。けれど、美容師さんが勧めたシャンプーの実力は間違いのないもので、継続して使いつづけていくうちに前髪がふんわりとなりだしてきたのです。いわゆるM字ハゲとなる要因は、遺伝的要素が強く、男性型脱毛症の典型的な症状といわれます。もし、M字禿げになった場合は、できるだけ早い段階で治療を行うことが大切です。現在では、M字はげを治療する方法もすでにかなり確立されており、中でもプロペシアに効き目があると確認されているとのことです。育毛剤を使って男性ホルモンの分泌を抑制すると、次第に細胞の働きが元気になり、育毛に結びつくでしょう。男性ホルモンが多ければ抜け毛が多くなります。男性ホルモンによって毛の細胞の働きが悪くなることが原因だと思われています。男性ホルモンの分泌過多が原因で、薄毛だという場合は、できれば育毛剤などで抑えるようにしましょう。男性の方が確率が高いM字ハゲはAGA、つまり、男性型脱毛症であることがほとんどです。男性ホルモンのせいとされており、早期に治すことが必須とされます。M字はげの治療に効果を発揮すると言われている成分がプロペシアという成分です。5aリダクターゼの働きのじゃまをする作用があり、M字禿げの治療によく処方されています。

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ